○松川村地域おこし協力隊設置要綱

平成27年7月1日

要綱第11号

(趣旨)

第1条 この要綱は,地域おこし協力隊推進要綱(平成25年3月29日付け総行応第58号)(以下「推進要綱」という。)の規定に基づき松川村地域おこし協力隊(以下「協力隊員」という。)を設置することに関し,必要な事項を定めるものとする。

(身分)

第2条 協力隊員の身分は,地方公務員法(昭和25年法律第261号)(以下「法」という。)第3条第3項第3号の規定による特別職の非常勤職員とする。

(活動)

第3条 協力隊員は,次に掲げる活動を行う。

(1) 受け継がれてきた美しい田園景観と暮らす村づくり活動

(2) 健やかに笑顔で暮らす,支え合いの村づくり活動

(3) 安心で,安全・快適に暮らせる村づくり活動

(4) 人を育み,生き生きと暮らせる村づくり活動

(5) 暮らしを支える,にぎわいと活力ある村づくり活動

(6) 心かよわせ,ともに暮らす協働の村づくり活動

(任命)

第4条 協力隊員は,次の全ての条件を満たす者のうちから,村長が任命する。

(1) 推進要綱第3(1)④の規定に該当し,松川村へ生活の拠点及び住民票を異動させた者

(2) 心身ともに健康で,かつ,協力隊員の意義を理解し,活動に対して意欲と情熱を有していると認められる者

(3) 法第16条に規定する一般職の職員の欠格条項に該当しない者

(4) 普通自動車運転免許を有する者

(5) 委嘱の日において満20歳以上40歳未満の者

(任期)

第5条 協力隊員の任期は1年とする。ただし,最長3年まで延長することができる。

(解任)

第6条 村長は,協力隊員が次の各号のいずれかに該当する場合は,その職を免ずるものとする。

(1) 法令若しくは協力隊員の遵守事項に違反し,又は活動を怠ったとき

(2) 心身の故障のため,協力隊員としての活動に支障があり,又はこれに堪えないとき

(3) 協力隊員の自己都合により,解任を申し出たとき

(4) その他村長が協力隊員としての適格性を欠いたと判断したとき

(5) 協議なく生活の拠点を他市町村へ移したとき

(勤務形態)

第7条 協力隊員の活動日,活動時間及び休暇等については,松川村準職員及び非常勤職員取扱規程(平成17年松川村規程第1号)に規定する嘱託職員(1種)(以下「嘱託職員(1種)」という。)の例による。

(報酬等)

第8条 協力隊員の報酬は,予算の範囲内とし,その額は別に定める。

2 協力隊員の住居に関する費用及び活動に際し必要な経費を,予算の範囲内で負担することができる。

(服務)

第9条 協力隊員の服務については,嘱託職員(1種)の例による。

(分限及び懲戒)

第10条 協力隊員の分限及び懲戒については,嘱託職員(1種)の例による。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は,村長が別に定める。

附 則

この要綱は,公布の日から施行する。

松川村地域おこし協力隊設置要綱

平成27年7月1日 要綱第11号

(平成27年7月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節 村づくり
沿革情報
平成27年7月1日 要綱第11号